【チンコを大きくする】ペニス増大方法についてまとめてみました

初めまして、そうすけと申します。

 

僕のサイトにご訪問頂き、ありがとうございます。

 

もしかして、あなたも「チンコを大きくする方法」を探してたんじゃないですか?

 

実は僕も小さいころから小さいチンコに悩んでいて、チンコを大きくするためにありとあらゆる方法を試してきました。

 

その中でペニス増大に効果があったものや、チンコを大きくするための方法や知識についてまとめたので、あなたの悩み解決に少しでもお役に立てたら嬉しいです。

チントレでチンコを大きくする方法について

ペニスを大きくするチントレには「3つの代表的な方法」があります。

 

  • ジェルキング
  • ミルキング
  • PC筋トレーニング

 

ジェルキングは亀頭部分に血液を強制的に送り込んで血管を太くし、ペニスを大きくすることがだきるチントレで、オナニーをするときと同じようにペニスの根元を手のひらが上を向くように握ります。握ったままカリの部分までスライドすると、亀頭に血液が集まっていきます。

 

この状態を2~3秒程度キープして一気に手を離してゆるめていきます。

 

これを左右の手で10回を15セット程度するとペニスを大きくすることができます。

 

注意することはジェルキングを行う場合は、摩擦を軽減させるために石鹸やローションを利用します。

 

ジェルキングはペニスを握ったままスライドさせますから、増大だけではなく長さを長くする効果もあり、欧米でもっとも人気があるチントレと言われています。

 

ミルキングはその名前の通り、牛の乳を搾るような動作を行うチントレで、勃起をしているペニスに、小指から人差し指まで順番におっぱいを絞るイメージで力を入れていきます。

 

何度かこの動作を繰り返すことでペニスに刺激を与えて増大させることができます。

 

PC筋は排尿をコントロールする筋肉で、肛門と睾丸の中間にあたる筋肉です。

 

このPC筋を鍛えることでペニスの海綿体に充血した血液が体内に戻りにくくすることができます。

 

鍛え方は肛門を締めたりゆるめたりする方法やおしっこを途中で止めるというものがありますが、スクワットも下半身強化のためには効果があります。

ペニス増大手術でチンコを大きくする方法について

ペニス増大手術は、確実にペニスを大きくすることができる方法です。

 

手術にはヒアルロン酸を注入するものや、アクアミドやバイオアルカミド・PRP幹細胞脂肪注入法などがありますし、長径術や亀頭だけを大きくする手術など数多くの種類があります。

 

長径手術には埋没陰茎長径手術や下腹部脂肪吸引長径、注入による長径手術などがあります。

 

埋没陰茎長径手術はペニスを支えている靭帯を手術によって手前に引き出すことで、下腹部に埋もれていたペニスを引き出し、2~5センチ程度長くすることができます。

 

ただこの手術は、あくまでも平常時の大きさにこだわる場合に検討される方法で、勃起のサイズに関係する海綿体が大きくなるわけではありません。

 

下腹部脂肪吸引長径は、下腹部の脂肪を吸引することで脂肪に埋もれていたペニスを大きく見せることができます。

 

ただ埋没陰茎長径手術と同様に、根本的にペニスの増大がされるわけではありませんし、生活習慣を改善しないと元の体型に戻ってしまいますから、注意が必要となります。

 

注入による長径手術は、ヒアルロン酸や自身の脂肪細胞を駐車で注入することでペニスを増大させる方法で、確実にペニスのサイズアップがはかれますし、亀頭を大きくしたり竿を大きくするなど自分の理想のペニスに近づけることができます。

ペニス増大器具でチンコを大きくする方法について

ペニス増大器具には牽引型と吸引ポンプタイプがあります。

 

牽引型はペニスの長さを伸ばすのに効果的な方法で、文字通り引っ張ってペニスを強制的に大きくしていきます。

 

大昔はペニスの先端におもりをつけて重力で引っ張ったという記録もありますから、伝統的な増大方法といえます。

 

人間の体は一定の力を常に加えると、変形していく性質がありますから牽引を続ければ効果は期待できます。

 

海外でも牽引型のペニス増大器具が医療用の認可を取得し、医療用器具としても販売されているので、海外では比較的ポピュラーな方法と言えます。

 

しかし、実際に効果を得るためには標準で1日8時間牽引するという説もありますし、ペニスの痛みや擦れなど危険性もあるので、ソフトに行い徐々に慣らしていきましょう。

 

ポンプ型には手動で吸引するタイプや電動モーターで吸引するタイプ、水中で使うタイプなどがあります。

 

手動式はもっともオーソドックスなタイプで、シリンダーと呼ばれる筒にペニスを挿入し、真空状態にして強制的に血液がペニスの海綿体に引っ張り込まれて大きくしていきます。

 

ポイントとしては、筒の大きさで、ペニスを長くしたいのであれば太さに余裕がないシリンダーを選び、太くしたいのであれば亀頭径の+8ミリくらいの筒を選ぶとよいでしょう。

ペニス増大サプリでチンコを大きくする方法について

ペニスを大きくするには、ペニスに特化した栄養が重要となります。

 

特にL-シトルリンやL-アルギニンは血流をよくすることでペニスの海綿体細胞が大きくなり、その結果ペニス増大につながります。

 

L-シトルリンは血流をよくする効果がある成分で、L-アルギニンは筋肉や細胞自体の成長を促進する効果があります。

 

この2つの成分は相乗効果によってすぐれたペニス増大効果が発揮されますから、多くのペニス増大サプリに配合されています。

 

ペニス増大サプリは日本製だけではなく海外で製造・販売されているものも少なくありません。

 

ただあくまでも海外製のペニス増大サプリは海外規格で製造されていますから、日本では認可されていない成分も配合されている場合が少なくありません。

 

また日本人男性向けに開発されたものではありませんから、配合量も海外での研究結果に基づいたもので副作用が生じる可能も少なくありません。

 

そのため日本人向けに開発された日本国内の基準を満たしたものの方が安全で効果があるといえます。

 

シトルリンのサプリはドラッグストアなどでも販売されているかもしれませんが、よりペニス増大効果を発揮させるためにはシトルリンだけではなくアルギニンも配合されているペニス増大サプリが効果的です。

 

また日本人の多くは、亜鉛欠乏症だと言われています。

 

亜鉛にはペニス増大効果がある成分ですが、日本ではミネラルが少ない土地ということもあり、欧米に比べると血中の亜鉛の含有量は潜在的に欠乏していると考えられています。

 

亜鉛が欠乏すると、男性の場合は精子形成の減少闇各生涯、鬱などの精神的な不具合まで引き起こしてしまうケースもあるので、ペニス増大をはかる上でも亜鉛はペニス増大サプリを利用して積極的に摂取した方がイイです。

生活習慣の改善でチンコを大きくする方法について

勃起不全や中折れなどのペニスに関する悩みがある場合には、生活習慣が原因の場合も少なくありません。

 

ペニスを硬くさせるためには、海綿体に血液がどれだけ流れ込むかがポイントとなります。

 

脂っこい食事が多い人や運動不足の人は、血液がどろどろになり循環が悪くなってしまいますから、勃起不全などを引き起こしてしまいます。

 

そのため、DHAやEPAといった血液の巡りを活性化させる栄養が豊富な青魚や、玉ねぎなどのネギ類を食べて血液をサラサラにすることが大切です。

 

また加齢とともに勢力と血管の健康の維持にかかわるテストステロンが減少してしまいますから、筋トレをを行ってテストステロンを増加させたり、PC筋を鍛えてペニスを増大させることも大切です。

日本人の平均ペニスサイズについて

日本人のペニスの平均サイズは、長さが13.56センチ、亀頭の直径が3.53センチ、竿部分の直径が3.19センチと言われています。

 

ある程度の年齢に達していたり、結婚して彼女から妻に変わった場合、ペニスのサイズはもう関係ないと思っている男性もいるかもしれませんが、女性とのセックスの際には大きい方が強力な武器になるのは間違いないです。

 

男同士だと通常時のペニスのサイズが気になってしまい、相手より小さいことに屈辱と敗北感を味わうことが多いです。

 

どんなにお金を持っていたり、イケメンであっても平常時のペニスが小さいと劣等感を持ってしまいがちなので、どうせならペニスを増大させる対策を取った方がいいです。

 

あと男同士は通常時のペニスの大きさを比較しがちですが、逆に女性は通常時の大きさを別の男性と比較することはあんまりないです。

 

女性の場合はセックスの時に大きければ問題ないので、通常時のペニスが小さいことで幻滅されることは少ないですね。

 

ただ勃起した状態で小さいと、歴代の彼氏とコッソリ比較されてしまうので、勃起力が重要です。

 

男社会では器のモノサシとして、チンコのサイズも重要な場合があるので、ペニス増大サプリなどで対策をとることが大事です。

チンコを大きくする方法まとめ

チンコを大きくする方法には色々ありますが、やっぱり「生活習慣の改善」が基本になります。

 

僕の経験上もそう言えます。

 

その上で、ペニス増大サプリで亜鉛やシトルリン、アルギニンなどの、「チンコを大きくするために必要な栄養素」を効率よく摂取していくのが一番効果的です。

 

あなたもあきらめずに、是非チャレンジしてみることをオススメします。