チンコ増大方法

ペニス増大器具ってなに?使い方や注意点、価格についてまとめました

吸引ポンプ型ペニス増大器具(性器を太くする)について
男性なら誰でも大きく太いペニスにあこがれを持っているのではないでしょうか。
ペニス増大器具はさまざまなものがありますが、その中でも吸引ポンプ型ペニス増大器具は人気の商品です。
吸引ポンプ型の原理は、シリンダーと呼ばれる筒にペニスを挿入し、密閉して真空状態にし、強制的に血液をペニスの海綿体に引っ張り込んで大きくするというものです。
吸引ポンプ型ペニス増大器具は、手動で吸引するものもあれば、電動式のモーターで吸引するものなどいくつかの種類があります。
手動式は価格がお手頃というメリットがありますし、電動式は楽に操作できるという特徴があります。

吸引ポンプ型ペニス増大器具を選ぶ際注意しないといけないことは、筒の大きさを間違わないことが大事です。
ペニスを長くしたいか、太くしたいかでサイズが変わってきます。

ペニスを長くしたい場合は、亀頭径+3ミリ程度の、あまり太さに余裕がないものを選ぶとよいでしょう。
太さに余裕がありませんから、ペニスは筒の上に引っ張られて長くなっていきます。
一方ペニスを太くした場合は、亀頭径+8ミリ程度のものを選ぶとよいでしょう。
この場合太さに余裕がありますからペニスは横方向へと引っ張られて太くしていくことができます。

もし自分のペニスにあったサイズの筒を選ばなかった場合、包皮が伸びたり亀頭が鬱血してしまうこともありますから、十分注意する必要があります。

吸引ポンプ型ペニス増大器具は、筒の中の空気を抜くことで空気圧によってペニスに血液を大量に送り込み、増大効果を得ることができます。通常の勃起時よりもさらに多くの血液をペニスに集めることができますから、ペニスに負荷をかけるという意味では、チントレと同じ理論といえます。ただペニスの表面に強制的に負荷をかけてしまうことになりますから、包皮に大きな負担をかけることになります。
勃起をしている状態でも、包皮は硬くならず皮の一部が水膨れのようにふくらんだり血がにじむこともありますから、吸引ポンプ型ペニス増大器具を使用する場合には、リスクも十分理解しておくことが大事です。

マックスポンプGはグリップを握るだけで吸引できる手動のペニス吸引ポンプで、シリンダーにすっぽりとペニスを入れ、グリップを握るだけ吸引することができます。シリンダーは目盛りがついていますからどれだけサイズがアップしているかを見るだけで実感することができますし、目視できる圧力もついていますから安全です。
パワーポンプは振動ローターが搭載されていますから、チントレしながら快感を得ることができます。手動式で真空にしてからペニスを吸い上げ、ローターで揺らして刺激していきます。シリコンパッキンがついているので密着感を高めることができますし、微調整しやすいダイヤル式のコントローラーとなっています。
殿様ビッグマグナムは高圧式の電動ペニスポンプで、USBの電動バキュームで高圧吸引が可能です。

牽引型ペニス増大器具(性器を長くする)について
ペニスを大きくするための方法として、索引型ペニス増大器具があります。ペニスを引っ張ると大きくなるという話がありますが、自分ではなかなか怖くて引っ張ることができないという場合に有効な方法です。
索引型ペニス増大器具は、ペニスを引っ張ることで大きくすることができるペニス増大器具で、一定時間以上継続して力を加えることで、ペニスを長くすることができます。
ペニスというのは見た目の部分がすべてではなく、実は下腹部の脂肪の中などに埋もれていて、根元の部分は露出していません。
牽引型ペニス増大器具は、ペニスを引っ張ることで埋もれていた部分を外に引き出して、実際に長くすることができる器具で、手術を行わなくてもペニスの見た目の長さを伸ばすことができます。

大昔はペニスの先端に重りをつけて引っ張っていたという記録もあるほど、牽引型のペニス増大器具は伝統的な増大方法といえます。
人間の体は、常に一定の力を加えると、変形していきますから牽引型ペニス増大器具を装着していれば、効果はあるのは確実です。
海外では牽引型のペニス増大器具が医療用の許可を取っていますし、医療用の器具として販売されていますから効果があるのは実証済みです。

ただデメリットとして、亀頭に器具を装着して引っ張っていきますから最初は我慢できても長時間引っ張ることで負荷もかかり痛みも生じるという点があげられます。また亀頭の部分は大変敏感で、摩擦によって皮がむけてしまったり出血してしまうリスクも伴います。
そのほかにも、牽引型ペニス増大器具を装着したまま外出するのは難しく、シルエットでばれてしまうというデメリットも考えられます。

牽引型ペニス増大器具は、継続して続けることでペニスを長くすることは可能ですが、太さを変えることはできません。
もともと太さは十分あり長さだけを伸ばしたいという人には向いていますが、全体的に太く長くしたいという場合は、吸引ポンプ型ペニス増大器具の法がおすすめです。

アンドロペニスは1999年から発売されている牽引器具で、実績もあり人気も高い商品です。
値段もお手頃で、実験データや口コミも豊富なのが特徴となっています。
メイルエッジは1200~2800gで引っ張ることができ、アンドロペニスよりも強力といえます。寝ている時にも使用することができますし、スタイリッシュなデザインが人気の商品です。
ファローサンフォルテは最新の牽引型ペニス増大器具で、上記の2種類に比べると痛みがなく使用できるのが特徴となっています。もちろん就寝時の使用も問題ありませんし、取り付けも簡単というメリットがあります。
アンドロヤマトは日本製の増大器具で、引っ張るときの牽引力が分散されるため、痛みが少ないのが特徴となっています。
アンドロペニスなどの商品は海外から輸入していますから日本人にはサイズがあわない場合があります。一方アンドロヤマトは日本人向けに改良した商品ですから、どれを選べばよいか迷った時にはアンドロヤマトを選択するとよいでしょう。