チンコ増大方法

ペニス増大手術ってなに?種類や費用は?本当に大きくなる?

切る長茎術(サオ部を伸ばす)について
切る長茎術は靭帯剥離法というものです。
よくペニスの手術をする際には皮を切る方法を想像される方も多いですが、こちらでは下腹部にメスを入れて陰茎と恥骨を繋いでいる靭帯を切除して体内に埋もれている陰茎を出すという手術になります。
メスを入れる手術長茎術ですので当然体を切るわけですが、その際に傷が残ることもありますし、手術を執刀する医師の手腕次第では上手にできる上手にできないという違いがあるので注意が必要です。
ただ大きなメリットとして伸ばしたサオ部は一生元に戻ることはありません。確固たる効果を期待できる長茎術であると言えるでしょう。
デメリットとしては体内から引き摺り出していることや靭帯を切除しているせいで、長さも変わると同時にペニスの向きが変わる点が挙げられます。勃起時にも下方を向いたままになり、それが新たなコンプレックスとなってしまうこともあるようです。
手術の費用はおおよそ20万円から30万円です。
もちろん、術後数週間は性交渉を禁止されることもありますので、その点は覚えておきましょう。
傷跡なども残る点や医師の腕次第ということもあり、最近では切る長茎術をあまりおすすめしていない医院もありますので注意しましょう。

切らない長茎術(サオ部を伸ばす)について
切らない長茎術は埋没陰茎長茎手術と呼ばれるものです。
手術と名前はついていますが、体内にメスを入れることはありません。
しかしメスの代わりに糸を入れます。
こちらも上述した靭帯剥離法と同じで体内に埋まっている陰茎を外部に引っ張り出すというものではありますが、こちらは靭帯を切らずに体内から引っ張った状態の陰茎部を糸で固定をするというものになります。
糸で固定をするという方法であるために、固定している部分につっぱった感覚が残り続けるというデメリットがあります。
またもう一つのデメリットとして半永久的なものであるという点が挙げられます。
こちらは体型の変化や加齢などによって糸が切れてしまう可能性もあるのです。
そのため、医師界隈ではこちらの手術はどちらかというとプチ整形のようなものだと考えてほしいと言っています。
それでも自分の体にメスを入れたくない、傷が残ってしまうのを避けたいという方にとってはおすすめの方法だと言えるでしょう。
また、再度埋もれにくくする施術も行っている医院もあります。どのようなところで手術を受けるかが重要ですね。
なお、相場は約30万円程度になっています。少し高額になりやすい手術になっているようです。

脂肪吸引長径術(サオ部を伸ばす)について
脂肪吸引長茎術は前述した二つの長茎術とは違って、陰茎そのものの長さを変える手術ではありません。
そもそも、人は多くの場合陰茎が体内に埋没しているものですが、この埋没部分がより長い範囲に渡ってしまう場合があります。
それが下腹部に脂肪がついている場合です。
下腹部に脂肪がついているとそもそものお腹の長さも変わりますし、脂肪が上からのしかかる圧力もあって埋没してしまう部分がより広くなってしまうのです。
逆に言えばその邪魔な脂肪部分が無くなってしまえば、埋没部分を減らすことができる、つまりは陰茎部分をより長くなったように見せることができるようになるのです。
こちらは脂肪吸引をするために体に5センチほどの切り口を入れて、底から管を通すことになります。
あくまでも一例ではありますが時間はだいたい20分から40分ほどかかります。その後経過を見るための通院やシャワーなどをするさいに患部が濡れてしまわないように注意を払いつつ、約1週間ほどして脂肪が固定されたら完了です。
減った脂肪分は陰茎は長くなったように見えるはずです。
こちらの相場は30万円から40万円ほどになりますが、通院を擦る分だけ少し余計にかかるケースもあるようです。

亀頭増大術(カリを高く大きくする)について
亀頭増大術は比較的ポピュラーな部類の手術に当たります。
亀頭部分にヒアルロン酸やコラーゲンを注入したり、場合によってはメスを入れることもある手術です。
しかし、一番多く使われているのがコラーゲン等の注射です。
亀頭に直接注射をすることになりますが、注射をする際にはテープ状の麻酔を打つことによって無痛治療をすることができます。
また増大した部分は当日から洗うこともできますし、治療後は経過を見る程度であまり大きな治療もありません。
費用も3万円から30万円以内と幅が大きくなっており、安く治療をすることもできます。
しかし忘れてはならないのは亀頭増大術に置けるトラブルが意外と多いという点です。
尿をするのにも痛くなってしまうことや、壊死をしてしまったというトラブルが過去にもあったそうです。
最近では少なくはなっていますのである程度は大丈夫だと思いますが、治療を受ける病院の選び方や、値段も安いものから優先的に選んでいかずにある程度値段があるものを選択する方がいいかもしれません。
一度大きくなればそのままですし、皮に再び包まれてしまう可能性も減らすことができますから、効果自体はかなり高いものです。
また、女性は長さよりも亀頭の大きさを重視する傾向にあるため利用される方が多いです。

陰茎増大術(サオ部を太くする)について
陰茎増大術は名前の通りに陰茎分を大きくするものです。
基本的には亀頭増大術とほとんど同じで、注入するのが亀頭から陰茎に変わるという程度です。
効果は絶大であり、一回り分は大きくなりますし、効果も永久的に続きます。
当然治療を受ける際に麻酔をしてもらえますので無痛治療を受けることができます。
治療に掛かる費用は25万円から50万円とかなりの幅があります。
ヒアルロン酸やコラーゲンの種類にもよる部分はありますが、それ以上に注入できる量によって値段が設定されることが多いようです。
なお、注入することが出来る量に関しては個人ごとによって限界量があります。人によって大量に注入することができる人も、少量に限定される人もいるのです。
そのため、どれだけお金を払って大量に注入してもらいたくともドクターストップがかかって少量しか注入をしてもらえない可能性があることに要注意です。
もちろん、太さだけではなく長さも変わります。前述した伸ばすような方法と比べると伸びる長さはこちらの方が劣ってしまいます。
けれども太さまでも変えることができるので、サオの太さにコンプレックスを抱えている方は非常におすすめです。
なお、他の手術と一緒に行うことも可能です。